新着情報 News

「第6回明生フェスタ」に出展いたしました

2019年12月2日

12月1日に豊橋市視覚障害者福祉会館にて開催されました「第6回明生フェスタ」において、屋内専用の視覚障がい者歩行誘導ソフトマット「歩導くん ガイドウェイ」などを出展いたしました。
当日は展示ブース前に誘導マットを設置し、ご来場の皆様にご体験いただきました。
 


 

誘導マットは、後付けでの施工が可能なので、建物内で点字ブロックが足りないところにも設置ができます。

愛知県内では、瀬戸市立図書館、愛知障害者職業センター、などで誘導マットをご活用いただいております。
イベントでは、通院している豊橋市内の病院に欲しいというお声があがりました。また愛知県議会議員の方々が来場され、福祉製品や障がい者当事者の困りごとについて学ばれていました。
今後も安全に誘導することができる空間を目指し、皆様の生活のお役に立てるよう努力してまいります。
 

イベントの詳細は以下の通りです。

〇「第6回明生フェスタ」概要
会期 12月1日(日)10:30~15:30
会場 豊橋市視覚障害者福祉会館 さくらピア(豊橋市東新町15番地)
主催 社会福祉法人愛知県盲人福祉連合会

イベントについてはこちらからご確認ください。
(明生会館HP内、くるまえび11月号ページ)へリンクします)
 

〇「第6回明生フェスタ」の目的(開催要項より引用)

視覚障害者及び一般県民の方が交流し、相互理解を深めるとともに、明生会館「点字図書館」及び「盲人ホーム」の利用促進に資する。
 
 
〇愛知県盲人福祉連合会について(明生会館HPより引用)

愛盲連では「明生会館」の点字図書館と盲人ホームの管理運営を大きな柱として活動しています。最近では映像技術が進み、携帯端末情報機器が氾濫していますが、視覚障害者は映像を当然観ることができません。だからこそ、本を読みたい、聴きたいと思います。愛盲連はそれを大切していきます。また、盲人ホームは、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師の免許を持ち自営や就労を目指している視覚障害者の方に対して必要な技術指導を行い、自立させることを目的とした県内唯一の通所施設です。技術面ばかりでなく実際に様々な患者さんを施術することで、患者さんとのコミュニケーションの取り方や対処の仕方も身に付いてきます。

愛知県盲人福祉連合会について詳しくはこちらからご確認ください。
(明生会館HPへリンクします)

LINEで送る