新着情報 News

「介助犬の広場in北河内2019」に出展いたしました

2019年12月2日

12月1日にアクティブ・スクウェア・大東で開催されました「介助犬の広場in北河内2019」において、屋内専用の視覚障がい者歩行誘導ソフトマット「歩導くん ガイドウェイ」などを出展いたしました。
当日は体育館にてバリアフリー教室を開催し、誘導マットや、白状、信号補助装置等をご来場の皆様にご体験いただきました。
 

写真:体験の様子

 

イベントでは「大東市障害者生活支援センターで知って市にも話してますよ。車椅子利用者には優しいし、広めていって頂きたい」「アイマスクをして歩く事がこんなに怖いものなんだ、歩導くんは白杖で認識出来ました(学生の方)」などのご意見をいただきました。
私たちにとっても非常に有意義な時間となり、障がい当事者の不便さを地道に伝えていく事が重要だと再認識させていただきました。
非常に有意義な時間となり、私共にはまだまだ伝えていく事が大事だと再認識させていただきました。
 

誘導マットは、全盲の方には床との質感の違いや白状で叩いた時の音の違い、弱視の方には床色とのコントラストなどでご認識いただき、移動をサポートします。

大阪府では、大東市障害者生活支援センター、特別養護老人ホーム 姫島みずほ苑、大阪市長居障害者スポーツセンターなどでご利用いただいております。今後もユニバーサルデザインの誘導マットとして、安全に誘導することができる空間を目指し尽力してまいります。 
 

イベントの詳細は以下の通りです。

〇「介助犬の広場in北河内2019」概要
会期 12月1日(日)10:00~16:00
会場 アクティブ・スクウェア・大東(大東市深野3丁目28-3)
主催 介助犬のひろば実行委員会
後援 厚生労働省、大阪府、大東市、四条畷市、東大阪市、門真市、守口市、枚方市、交野市、大東市教育委員会、四条畷市教育委員会、大東商工会議所、一般社団法人大阪府作業療法士会、公益社団法人大阪府理学療法士会、公益社団法人日本義肢装具士協会、一般社団法人日本リハビリテーション工学協会、大阪府中小企業家同好会大東支部

イベントについて詳しくはこちらからご確認ください。
(大東市HP内、プレスリリースページ)へリンクします)
 

〇「介助犬の広場in北河内2019」の目的(大東市HPより抜粋)  

本イベントは、大切なパートナーとして使用者と二人三脚で歩む介助犬の役割や必要性などについて、参加者に学んでもらうことを目的に開催します。  

LINEで送る