新着情報 News

東京学芸大学にて誘導マットをご導入いただきました

2017年9月14日

[プレスリリースのPDFデータはこちら]

 

平成29年6月1日に、東京学芸大学(東京都小金井市貫井北町411)にて、視覚障がい者歩行誘導ソフトマットが導入されました。研究棟の入口から階段手前の警告ブロックまでを誘導します。

東京学芸大学の障がい学生支援室では、全盲の学生が壁にぶつかりながら歩いている姿を見て、「何かしてあげられないか」と対策方法を考えいたところ、筑波技術大学(茨城県つくば市天久保4丁目31)で、歩行誘導ソフトマット「歩導くん」が設置されているのを見て購入を決意しました。設置は、障がい学生支援室担当の森脇愛子講師自らが施工に携わり、その姿は同支援室が運営するツイッターでも公開され大きな反響を呼びました。

「視覚障がい者用歩行誘導マット『歩導くん』設置完了!研究棟の入口~階段までの動線がこれでわかりやすくなれば良いのですが。なんと強力両面テープでがっちり貼付けるだけ。コツも教えていただき、自分たちで微調整もできる。※設置にあたり錦城護謨の方にお世話になりました。」
(東京学芸大学障がい学生支援室のTwitter より引用)
 

関連ツイートはこちら

https://twitter.com/tgu_gsupport/status/870228858628259843

 

LINEで送る