新着情報 News

「第20回日本ロービジョン学会学術総会」に出展いたしました

2019年5月27日

5月24日から26日にかけて、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて開催されました「第20回日本ロービジョン学会学術総会」に「歩導くん ガイドウェイ」を出展し、屋内での移動に役立つ誘導マットとして、ご来場の皆様に歩行体験いただきました。

全盲と晴眼の狭間にいると表現されることもあるロービジョン(弱視)ですが、その数は視覚障がい者全体の半数以上を占めるとされ、日常生活や就労などの場で不自由を強いられています。
今回の展示会ではロービジョンケアに関わる方々に広く誘導マットをご体験いただく良い機会だと思いますので、是非ブースまでお立ち寄りください。
 
第20回 日本ロービジョン学会学術総会について詳しくはこちらからご確認ください。
(特設サイトへリンクします)
 
 

○日本ロービジョン学会について(学会HPより引用)

日本ロービジョン学会は、2000年4月に創設され、2011年12月現在、約700名の会員が活動しています。本学会は、我が国における視覚に障害を有する児・者へのハビリテーション・リハビリテーションに関する学際的な研究および臨床の向上と、会員同士および諸外国との交流を目的に設立されました。そして、眼科医、視能訓練士、看護師などの医療関係者以外に、教育、福祉、労働、ロービジョン関連機器に携わる企業関係者など様々な職種の方々が参加している学際的な学会です。

日本ロービジョン学会について詳しくはこちらからご確認ください

LINEで送る