新着情報 News

「第65回全国盲女性研修大会(名古屋大会)」に出展いたしました

2019年8月30日

8月27日から29日にかけてウインクあいち(愛知県産業労働センター)で開催されました「第65回全国盲女性研修大会(名古屋大会)」に屋内専用の視覚障がい者歩行誘導マット「歩導くん」を出展いたしました。

愛知県内では、愛知県社会福祉会館、瀬戸市立図書館、愛知障害者職業センターなどでご活用いただいております。今後もユニバーサルデザインに貢献できる誘導マットとして、皆様により豊かな生活を送っていただけますよう尽力してまいります。
 


 

ご来場の皆様には展示ブースにて誘導マットをご体験いただいたほか、大会当日の会場内誘導にもご活用いただきました。
 

イベントについては下記よりご覧ください。
 

〇「第65回全国盲女性研修大会(名古屋大会)」概要
会期  8月27日(火)~8月29日(木)
会場  ウインクあいち(愛知県産業労働センター) CASTLE PLAZA(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
主催  社会福祉法人日本盲人会連合、同女性協議会
    名古屋市視覚障害者協会
後援  厚生労働省、名古屋市、社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会、社会福祉法人名古屋ライトハウス 愛盲報恩会、社会福祉法人名古屋市身体障害者福祉連合会、社会福祉法人名古屋市総合リハビリテーション事業団、中日新聞社 社会福祉法人中日新聞社会事業団、社会福祉法人東海テレビ福祉文化事業団、特例財団法人坂文種報徳会、特定非営利活動法人イエロー・エンジェル、一般財団法人城西福祉会、社会福祉法人日本盲人福祉委員会、愛知県立名古屋盲学校、愛知県眼科医会、特定非営利活動法人愛知視覚障害者援護促進協議会、毎日新聞社点字毎日、社会福祉法人読売光と愛の事業団、愛知県網膜色素変性症協会、公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー
 

〇第65回全国盲女性研修大会(名古屋大会)の 目的(大会パンフレット開催要項より引用)

西に伊吹山、はるか北には御嶽山、木曽川の水に恵まれ、伊勢湾をいだく、金シャチ名高いここ名古屋において、日本盲人連合傘下の女性部の代表・会員並びに関係者が一堂に会し、視覚障害女性を取り巻くさまざまな課題に対し、協議研修と情報交換を行う。また、互いの連携を密にし、組織力の向上を図るとともに、自らの知性と教養を磨き、豊かな暮らしと共生社会の実現を目指す。
 
 

〇日本盲人会連合について(日本盲人会連合HPより引用)

日本盲人会連合は視覚障害者自身の手で、“自立と社会参加”を実現しようと組織された視覚障害者の全国組織です。1948年(昭和23年)に結成された、都道府県・政令指定都市における61の視覚障害者団体の連合体で、国や地方自治体の視覚障害者政策-人権、福祉、教育、職業、環境問題等-の立案・決定に際し、視覚障害者のニーズを反映させるため、陳情や要求運動を行っています。

日本盲人会連合について詳細はこちらからご確認ください

LINEで送る