新着情報 News

鑑賞支援ワークショップ(大分県立盲学校)で誘導マットをご活用いただきました

2021年10月20日

2021年10月7日に大分県立盲学校で行われた屋内彫刻作品鑑賞「彫刻をさわる時間」展において、誘導マット「歩導くん ガイドウェイ」をご活用いただきました。

このイベントは「鑑賞支援ワークショップ」のプログラムのひとつで、同ワークショップでは前日の10月6日に大分市遊歩公園で屋外彫刻鑑賞、さらに別会場にてシンポジウムも行われています。

「彫刻をさわる時間」展には、現代日本を代表する彫刻家・黒川弘毅氏の作品が展示され、おひとりで進みながら鑑賞できるよう、先生方の工夫によって作品と誘導マットが配置されました。
生徒さんは彫刻にふれることで何か新たな学びや発見があったと思いますが、そのお手伝いが出来たこと、大変光栄に思います。

「彫刻をさわる時間」展を含むイベントの概要は以下の通りです。

〇「鑑賞支援ワークショップ」
会期 10月6日(水)遊歩公園屋外彫刻作品鑑賞
   10月7日(木)展屋内彫刻作品鑑賞
会場 大分市遊歩公園、大分県立盲学校会議室
主催 おおいた障がい者芸術文化支援センター
   [(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団]
共催 大分大学教育学部美術講座
協力 大分県立盲学校

〇シンポジウム「彫刻をさわる場所をつくる」
日時 10月6日(水)18:00~20:00
会場 大分県立芸術文化短期大学 人文棟大講義室
主催 大分大学教育学部美術講座
共催 おおいた障がい者芸術文化支援センター
   大分県立芸術文化短期大学(「芸短フェスタ2021」共催イベント)
   日本アートマネジメント学会九州部会
協力 大分県立盲学校

LINEで送る